その他

1歳の赤ちゃんと飼い猫を飛行機に乗せて移動したい場合の注意点

スポンサーリンク

赤ちゃんを飛行機に乗せても大丈夫なのか。

1歳になったばかりのわが子を連れて飛行機(ANA国内線)にのりました。

  • そもそも1歳未満の子って飛行機に乗れるの?
  • 赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るの不安
  • 赤ちゃんと飛行機に乗るとき何に注意した方がいい?

赤ちゃんと飛行機に乗るのは不安なことが多いですよね。

赤ちゃんを連れて飛行機に乗る際の注意点などをまとめました。

赤ちゃんと飛行機に乗るなら座席の早めの予約と下調べが必要

1歳のわが子と猫を一緒に飛行機に乗りました。

ちなみに岩国空港から羽田空港までです。

授乳室やトイレの位置等を確認して、子供が騒いだ時にすぐに対応できるようにしました。

オムツ交換や授乳の時に席を離れることも考えて通路側がいいといわれています。

いい席を確保するために早めの予約は必須です。

私はANAの国内線に乗ったので、まずは飛行機の赤ちゃんやペットに関する搭乗に関する情報を集めました。

飛行機の種類によって、サービス内容は違いますので下調べもした方がいいと思われます。

ちなみにANAの国内線のサービスはこちらでした。

ポイント

  • ベビーカーの貸出
  • 電動カートサービス(羽田空港第2旅客ターミナル限定)
  • 事前改札サービス(2歳以下の子供連れや妊娠中)
  • オムツ交換台付き化粧室(Ⅿサイズ・Lサイズのオムツあり)
  • ミルクは持っていけば客室乗務員が作ってくれる
  • ベビーベッド(予約)
  • ANAオリジナルおもちゃ

サービスは充実していますので、安心して搭乗することができました。

うちの子は飛行機が離陸した瞬間に寝始めたので耳抜きをする必要はなく、サービスを使うこともほとんどなかったです。

かめやまさん
当初は授乳しながら耳抜きするつもりでした

離陸するまではぐずっていたのですが、離陸するときのゴーという大きな音で寝ていました。胎動の音と似ていたのかもしれません。

事前改札サービスはとてもありがたいですよね。

早めに搭乗して色々準備することが出来ました。

赤ちゃんの飛行機の席の料金は保護者の膝の上なら無料

1歳のわが子は膝の上に乗っていたため搭乗料金はかかりませんでした。

料金は年齢などによって違うみたいです。

ANA国内線の子連れの料金の条件はこちらみたいです。

 

年齢 同伴者 座席 航空券
生後8日以内 飛行機に乗れない
生後8日~1歳 必要 保護者の膝の上 不要
生後8日~1歳 必要 座席あり 必要
生後8日~1歳 必要 座席あり(チャイルドシート) 必要
2歳 必要 保護者の膝の上 不要
2歳 必要 座席あり 必要
2歳 必要 座席あり(チャイルドシート) 必要

 

生後8日以内の新生児は乗ることが出来ないみたいです。

2歳までの子供は座席を取らず、保護者の膝の上だと料金はかかりませんでした。

詳しくはANAのホームページをみることをおすすめします。

 

猫も一緒に飛行機に乗る場合

ちなみに家族で引っ越しをしたので、猫も一緒に飛行機に乗りました。

猫は病院等に連れていくようのゲージに入れて連れて行きました。

飛行機に乗る際に、受付で荷物と共に預けることになります。

飛行機から降りた後も荷物と一緒に猫も迎えに行く感じでした。

ちなみに猫は料金がかかります。

猫を一緒に連れていくときの注意点

  • 予約の時に猫も一緒に予約が必要
  • 搭乗前にはごはんを1食抜きにする
  • ゲージは硬いものを用意しておく

朝方の便に乗ったので、可愛そうですが猫の朝食は抜きました。

吐くことも考えて、乗る前に食べさせるのは控えるようにということでした。

ゲージは硬いものを用意するように言われました。

普段使いしているものが硬かったので、そちらを使用しました。

まとめ

赤ちゃんとの飛行機は不安でしたが、思ったよりも快適でした。

サービスが充実しているので安心して搭乗することができます。

スポンサーリンク

-その他
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.