看護師 看護師の仕事内容

元看護師が解説!日勤リーダー業務の役割りと内容についてお話します

スポンサーリンク

スタッフから見てリーダーは何をしているのかリーダーをしたことがある方なら分かるのですが、したことがないと分からないですよね。

リーダーが求めることをできなくて怒られることってありませんか?

リーダーの役割を把握することで、リーダーからの指示を待たなくても自分で先回りして行い、逆にリーダーに感謝されるようになります。

  • 病棟看護師のリーダーの仕事内容が分からない
  • 病棟看護師のリーダーの仕事を今からするけど不安しかない
  • 病棟看護師のリーダーし始めて怒られること増えた…
  • 病棟看護師のリーダーなんてもうしたくない

今回はリーダーの役割について書いていこうと思います。

病棟看護師のリーダーの役割はたくさんある

まずはリーダー業務は何をしているのか。基本的にリーダーは決まっているわけではなく看護師5年目以降の方は誰でもリーダー業務をすると思います。

これは病院によって違います。早い年数からリーダー業務をするところもあれば遅いところもあります。

リーダーは自分のチームの全体を把握して、スタッフを動かし勤務状況の割り振りやフォローを行います。

かめやまさん
リーダーは全体をみるからすごく疲れるから嫌いだったよ

基本的にリーダーはすぐに動けるように軽い部屋を受け持つか、リーダーのみのところがほとんどだと思います。

私がリーダーしていた時の一日の流れはこんな感じです。

 

リーダー業務(8:30~17:30)

8:00 チーム全体の情報収集、部屋割りの確認

    <総リーダーの場合>日誌や保管している薬剤の確認、

    病棟で借りているものの確認(ボンベや医療物品など)

8:30 夜勤者からの申し送り、全体に申し送りをする

9:00 自分の部屋受け持ちの処置や記録

    他スタッフのフォロー

   急な対応があれば、スタッフに指示&自分もフォローにまわる

12:00 チームスタッフから申し送りを受けて休憩時間を指示

    各チームリーダーと状況確認

    休憩

    カンファレンス

    自分の受け持ちの処置+記録

    他のスタッフのフォロー

16:00 午後からのスタッフの申し送り

16:30 夜勤者へ申し送り

17:00 次の日の部屋割りを決める

17:30 何もなければ業務終了

大まかな1日の流れはこんな感じです。

かめやまさん
3交代だったらリーダー勤務のその日に夜勤入りが多いよ

ポイント

  • スタッフのフォロー
  • スタッフの業務を分散させて割り振る
  • 休憩時間などの時間割り
  • 次の日の部屋割り
  • 病棟全体の把握
  • 申し送り

病棟看護師のリーダーをするときに意識していたこと

病院日誌などを読んでしっかりと病院からの伝達事項をみておきます。もしかしたら重要なことが書いてあるかもしれません。

夜勤者からの申し送りの時に自分のチームのことだけではなくて、他チームのことも把握しておきましょう。

他チームとはいえ同じ病棟ですから色々と分かっておかないとリーダーはできません。

私は初めに患者さんの情報収集と部屋受け持ちを確認したときにだいたいの流れを頭に入れておきます。

一日の流れを把握しておくことで、動きやすく優先順位をつけやすくなります。受け持ちの全体バージョンという感じです。

1年目の部屋受け持ちや二人で処置がいるところなど自分がフォローに回ったほうがいいと思うところも確認しておくとスムーズです。

業務の優先順位をチーム全体で行うため、しっかりと情報収集を行うことも大事でした。

情報収集のやり方について別記事に書いていますので参考にしてください↓

こちらもCHECK

新人看護師はどうやって情報収集して仕事したらいい?看護師の仕事内容とは

看護師の実習をするときにすごくバタバタと忙しい看護師をよく見かけませんか? 今、話しかけてもいいのだろうかと迷いながら計画を発表する。看護師実習生なら皆あると思います。 では、実際に看護師はどのように ...

続きを見る

まとめると

リーダー業務するときに意識していること

  • 自分のチームだけではなく、他チームのこともある程度把握しておく
  • 病院からの伝達事項の把握もしておく
  • 朝はしっかりと情報収集をする(チーム全体と病院のこと)
  • 情報収集の時に一日の流れをだいたい決めておく
  • 部屋持ちや患者さんの状況を確認して自分がフォローに入るところをチェックする
かめやまさん
リーダーする日は責任が重いから緊張もすごかった

病棟看護師のリーダー業務をする前にやっておいた方がいいこと

リーダー業務は色々と決断を迫られることが多くなるので、かなり責任が重くプレッシャーに感じるかたは多いのではないでしょうか。

私もリーダー業務のたびに責任を重く感じていました。

かめやまさん
リーダー業務をした次の日は病院から電話が来ないか心配になるほど

私が実際にリーダー業務の前にやっていたことを紹介するので今からリーダー業務をするという方は参考にしてみてください。

先輩にリーダー業務のことをしっかりと聞いておく

リーダー業務を普段している先輩にしっかりと話を聞きました。

リーダー業務の内容や先輩たちがしている手順・気を付けていることなど。。。

まずは先輩方に分からないことを質問し、疑問を解消していく必要があります。

かめやまさん
すごく勉強になりました

病棟の物品、救急カートの中身、薬剤の位置などを要チェック

何年も働いていたらだいたいの物品の位置など分かりますが、もう一度確認しておきました。

リーダーになったら、全体に指示をしないといけないですし、何かあったら自分が率先していかないといけないときに物品の位置などを把握していないと困ります。

リーダー業務のひとつに、救急カートの中身の確認や劇薬などの管理も含まれているため病棟に何の薬剤が何個置いてあるのか確認しておかないと後で困ることになるかもしれません。

かめやまさん
実際に薬剤系のインシデントはすごく多いよ。

Drの性格を把握しておく

リーダー業務をし始めるとどうしてもDrや多職種との連携を率先して行うことになります。

正直いってDrは変わった方が多いです。こだわりが強いDrが多いので合わせるために理解しておく必要があります。

これは普段の勤務で関わるときにわかります。

まとめ

こんな感じで私はリーダー業務を頑張っていました。

何回やっても常に責任が重くなれるものではなかったです。準備と心構えがすごく大事だと感じました。

この記事をみて少しでも今からリーダー業務する人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.