看護師 看護師の仕事内容

新人看護師における「報連相」で注意されないためには?元看護師が解説

スポンサーリンク

社会人になって報連相はとても大事だといわれます。新人看護師の時も報連相はとても大事になってきます。

報連相とは「報告」「連絡」「相談」のことで、基本のことだと思うかもしれませんが、実はこれがとても大事だったりします。

報連相がきちんと行われていないと連携を取ることが難しく、インシデントなどのミスも起こりやすいです。

  • 看護師はなぜ報連相が大事なの?
  • 新人看護師の時に気を付けることは何?
  • 報連相を行うときに注意する点が知りたい

新人看護師は特にこの「報告・連絡・相談」が大事だと思います。なぜ看護師は報・連・相をよく言われるのか、元看護師が自己流解説します。

報連相の中でも新人看護師は相が大事

報連相の中でも、新人看護師の方に大事にしてもらいたいのは「相」です。

上記でも説明しましたが、相は「相談」です。新人看護師として働き始め、仕事の内容を先輩に教えてもらいながら働きますよね。

きっと、最初は色々なことが不安で分からないことがたくさんあります。

そういう時にきちんと言葉に出して「相談」することができるかどうかが、今後に一人で行動するときの自信に繋がっていくので、分からないことを言葉に出すことはとても大切です。

実際、看護師の職場は相談しやすい環境なのでしょうか???

看護師の方はわかると思うのですが、実際はなかなか相談しづらい職場は多いと感じます。

看護師の職場は相談したいけど相談しづらい環境が多い

新人の時によくわからないなということはたくさんあります。

その時にすぐに聞くことが大事とはみんな言いますが、聞くことが怖いという状況になっているんですよね。

「確認したいけど怒られないか」とか「一度教えてもらったのにもう一回聞いても大丈夫なのか」など、とにかく不安にかられますよね。確かに、一度教えてもらったのにもう一度聞くと怒られることはあります。先輩看護師の中には二度目を許さない方もいらっしゃいます。

かめやまさん
こう聞くとすごく怖いですよね

自分自身も、新人の時に確認のために聞くと「それやったことないの?」とか、「初めて?」「前に言ったよね」などなど一度で覚えろ感はすごく感じていました。

これにひるんでしまう新人看護師は多く、だんだんと先輩に確認することが難しい状況になっていきます。

怖い気持ちはよく分かります。ですが、考えてみて下さい。

聞くときは確かに怖いですし、怒られることもあります。もしも聞かずに自分で判断して間違っていた場合は?

それで何もなければ大丈夫なのですが。。。

場合によっては大変なことになるかもしれません。脅したいわけではありませんが、看護師は患者さんの命を預かっている仕事です。自分のミスが患者さんに影響が出てしまった場合はとんでもない責任になります。それに結局は「何で分からないのに聞かなかったの!!」と怒られる羽目になるでしょう。

どっちにしても怒られる可能性があるなら、きちんと確認して先輩と同じようにすれば大変な事態は避けることができますし、分からないことを口に出して聞くことで怒られるという環境が悪いので「自分は確認した上で行動した」と自分をそんなに責めないですみます。

 

まとめ

  • 怒られても自信がないことは確認した方がインシデントみたいなミスすることは減る
  • 分からないことを口にして怒られるのは環境が悪い
  • 確認していたら、ミスをしても自分を責めすぎないですむ

 

先輩看護師に確認して行動しても自分が怒られることはある

報連相をきちんとしていても、結局違っていて自分が怒られた!なんてことはないですか??

きっと新人看護師の時にはたくさんあることだと思います。ここで気を付けないといけないのは「自分は確認して先輩から言われたことをした」という風に伝えてはダメです。

これはNG行為です。特に新人看護師の時は絶対に言ってはいけません。

新人看護師
なんでダメなの???確認したんだから悪くないじゃん!!

もちろん、最初のころに分からないことをきちんと先輩に確認して行動した事が違っていて怒られても、「自分は悪くないのに!」って感じますよね。

そうなのですが、それを言ってしまったり、そういう感じを出してしまうと相手からはマイナスイメージになってしまいます。

なので、そこは言葉を飲み込んで「次から気を付けます」くらいにしておきましょう。

とっても悔しいとは思いますが、絶対にそっちの方がいいです。

自分も、素直に教えてもらったことを話したことがありますが、良い反応は得られませんでした。「責任転換して。。。」という感じになったので、新人看護師の時はとにかく言われたことを受け入れることをおすすめします。

かめやまさん
腑に落ちないことはたくさんあるよね。。。

2・3年目になったらありのままの真実を伝えても大丈夫なようになるので、それまでの辛抱です(*^-^*)

 

情報共有のためにも報連相は大事

看護師は勤務交代によって仕事をしているので、普段から報連相はとても大事です。

勤務の交代時にも申し送りというものをするので、そこでも報連相は行われています。

申し送りに不備があると、次の勤務の人は困りますし、新人看護師時代によく注意される項目の一つとしても申し送りは要注意です。

申し送りするときも気を付けないといけませんが、新人の時に気を付けることは申し送りを聞くときに自分が行動出来るかどうかを確認しておかないといけません。

申し送り時に分からないことはその都度確認する癖を付けましょう。

申し送りのコツについて別記事に書いていますので、心配な方は参考にしてください。

こちらもCHECK

新人看護師の申し送り方法のコツは想像力~これで申し送りは怖くなくなった~

申し送りとは各勤務ごとに行われ、その勤務帯時間の中で共通認識をすることと、次の勤務への状況を説明するために行われています。 申し送りをすることで看護師全体が同じように対応できます。 正直私は申し送りが ...

続きを見る

看護師間で、みんなが同じように患者さんに接することができるように情報共有を心がけて報告や連絡をすると良いと思います。

まとめ

一言で「報連相」を大事にと言っても、実際に現場では難しいこともあります。

これは言った方がいいかなと不安に思ったら、声に出しましょう。だんだんと覚えていけばいいのです。

私も最初は報告が長すぎるとか、もっと簡潔にとか色々言われましたが、あの時に無駄なくらい気を付けていたことが今役に立っています。

要る情報と要らない情報を分けることが出来るようになるまで、注意されてなんぼです(*^-^*)

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.