看護師 看護師の仕事内容

看護師は忙しい?看護師でのんびりと働くには慢性期をおすすめします

スポンサーリンク

看護師は忙しいというイメージがあります。実際にはどうなんでしょうか?

忙しいとはいっても何がそんなに忙しいのか。

  • もう忙しいところで働きたくない
  • 看護師ってなんでこんなに忙しいの??
  • 急性期で働くのもう嫌だ、慢性期ってどんな感じかな

忙しくなくてのんびりと働けるところがあったら最高ですよね。

今回は忙しいところの特徴やのんびり働けるところはどこなのか考察していこうと思います。

看護師の仕事内容と業務内容(1日の流れは)

看護師は忙しいなか何をしているんでしょうか。

看護師の仕事内容は医師の診療の補助・患者さんの日常援助や処置・記録・手術の準備などをしています。

一般的な病院に勤めている看護師の一日の流れとしてはこんな感じです。

看護師の業務内容

日勤の流れ(9時~18時)

9:00 業務開始

    情報収集

   バイタルサイン

    申し送り(全体とチームに分かれて)

   必要なセルフケア介助や処置

11:30 配膳・食事介助

12:00 休憩(約1時間)チームで交代に

13:00 記録・午後からの処置やアラーム対応

    カンファレンス

    検査の移送や診察の手伝い

16:30 夜勤者に申し送り

17:00 配膳・食事介助

18:00 業務終了(記録や処置が残っている場合は残業)

夜勤の一日の流れ(00:00~9:00)

準夜勤の流れ(16時~深夜2時)

16:00 業務開始

    情報収集

   バイタルサイン

    日勤者からの申し送り

17:00 食事介助

    アラーム対応や夕方の処置

19:00 休憩(30分~1時間)

21:00 就寝・巡回

    記録やアラーム対応

0:00 深夜勤務への申し送り

   深夜と二人で処置するところへ巡回

2:00 業務終了(記録残っていたら残業)

 

深夜勤務の流れ(0時~9時)

0:00 業務開始

    情報収集

   バイタルサイン(入眠しているので必要な人だけ)

   準夜勤からの申し送り&準夜勤と二人介助のところを巡回

   記録

3:00 休憩(30分~1時間)

6:00 起床

   あれば採血などの検査

7:00 配膳・食事介助

    朝の処置

   

8:30 日勤者に申し送り

9:00 業務終了(記録が残っていたら残業)

 

ざっとこんな感じです。

その日の患者さんの状態によって行う処置や順番は変わっていきますので臨機応変な対応が必要となります。

看護師が働いているところの主な種類

看護師が働いているところは病院では急性期病院や慢性期病院、老人ホームなどの施設など色々あります。

最初の主な就職先は急性期病院か慢性期病院が多いと思います。

老人ホーム(施設)も含めてどういうところなのでしょうか。

急性期は忙しいところが多い

急性期はとても忙しいイメージがあるのではないでしょうか。

イメージ通りで忙しいところが多いです。

急性期は病気が発症して患者さんの健康状態が大きく変わる状態のことをさします。

なので救急病院など24時間体制で患者さんをみているような病院です。

患者さんの入れ替わりも激しいので入院・退院も多く、救急や手術後など重症で容態が変わりやすい状態の方が多いので看護師も忙しいです。

急性期病院を希望する人の特徴

  • 最初は忙しいところで鍛えてほしい
  • 救急の看護に興味がある
  • 手術前後の看護がしたい
  • バリバリと働けるところがいい
  • どこでも働けるようにしておきたい

こんな感じのことを思っているかたは急性期病院で働かれる方が多いです。

慢性期はゆったりとしているところが多い

慢性期とは急性期の治療が終了した患者さんが、継続して治療をする場合や再入院の予防など地域に密着した病院が多いです。

なのでゆったりとしているところが多いです。

社会復帰への支援や内服や自宅に帰ったときの看護指導などがメインなので処置等は急性期に比べたら少ないです。

慢性期病院を希望する人の特徴

  • ゆっくりしたところで働きたい
  • ゆったりと看護技術を身に着けたい
  • 患者さんしっかりとコミュニケーションをとりたい
  • 回復期や地域密着型病院に興味がある

慢性期と急性期を比べると慢性期のほうがゆったりとしている

私から見た急性期と慢性期を比べてみると

慢性期 急性期
術前術後の看護
救急 ×
処置
検査出し
患者さんとのコミュニケーション
家族との関わり

老人ホームなどの介護施設

介護施設には特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・有料老人ホームなどがあります。

介護施設では病院とは違い、介護職の方も在中しています。

なので、病院の時は看護師が全部していた日常生活援助は介護職員が実施するので看護師は主に内服管理や処置を実施するようです。

病院勤務に比べると、患者さんの容態は安定していて入退院もほとんどないので定時に帰れるという意見が多いです。

のんびりと働くことのできる病院の特徴

忙しくない病院とはどういうところなのか。

病院のHPや転職の掲示情報をみてもあまり分かりませんよね。

私が考えるのんびりと仕事ができる病院の特徴はこれです。

のんびりと仕事ができる

  • 慢性期または回復期病棟である
  • 介護施設のような入退院がすくないところ
  • 看護師やスタッフがバタバタしていない
  • パートをたくさん雇っている
  • 一次救急病院である

こんな感じだと思われます。

上記でも説明したように、急性期病院はだいたいどこも入退院は激しく、患者さんも重症の方が多いため看護師は常にバタバタしているイメージです。

というよりほんとに急いで仕事しています。

パートなどの時短の看護師を雇える環境というのは、人数や時間に余裕があるところではないと難しいと考えられます。

途中で抜けさせてもらうため、1日患者さんを受け持つことが難しいからです。

なので、パートや時短勤務OKの募集があるところは比較的まだ余裕があると思ってもいいでしょう。

かめやまさん
たまにパートでもいいから看護師募集!てところもあるけどね。

病院は一次救急~三次救急まであります。三次救急の方がより重症の患者さんが救急で運ばれます。

それぞれの特徴はこんな感じです。

*一次救急・・・入院の必要ない帰宅できる患者さんの受け入れ

*二次救急・・・救急車で運ばれる入院や手術が必要な患者さんを24時間受け入れている病院

*三次救急・・・二次救急では受け入れが難しい患者さんを受け入れる病院

三次救急に行くほど高度な医療が求められるのでやはり忙しくなります。

こういう知識を入れておいて自分がどんなところに行きたいのかをまとめてから就職先を探すことをお勧めします。

サイトにもいろいろ病院の特徴や特色、募集状況なども載っているので興味のある方は参考にみて下さい。

マイナビ看護師HP

まとめ

看護師の仕事は毎日変則的です。だからこそ難しく忙しいと私は考えます。

辛いところでずっと頑張ることもすごいことだと思いますが、それで自分がやんでしまっては元も子もないです。

なので自分にあった職場を探すことも一理あります。辛いときは頑張らなくていいと思っています。

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.