看護師

看護学校の違いとは?専門学校と大学のメリット・デメリットを紹介!

スポンサーリンク

看護師は専門学校と大学のどちらでも看護師国家資格をとることができます。

私は専門学校で看護師資格をとりました。

大学と専門学校のどちらで資格をとるのが望ましいのか。専門学校出身の私が個人的に思っている二つを比べたメリットとデメリットを紹介します。

  • 看護師になるためにはどうすればいい?
  • 大学の看護学部と看護専門学校ってどっちがいいの?
  • 専門学校と大学の違いが知りたい

これから大学か専門学校かどちらかを選ぶ方は参考にしてください。

大学でも専門学校でも看護師の国家資格はとれる

まず、看護師資格は大学でも専門学校でも取得することができます。どちらで取得しても同じものです。

どちららも同じように普段は授業を受けて、病院等で実習をして最後の年に国家試験に向けて勉強をして受かれば看護師の国家資格を取得することができます。

私は専門学校卒業をしたので、専門学生視点からの違いを説明していきます。

 

専門学校と大学の大きな違い

  • 看護師免許を取得するまでに3年かかるか4年かかるか
  • 基本給が違う(大学の方が少しいい)
  • 大学は将来の選択が出来る

大学と専門学校の大きな違いは4年か3年かという年数の違いがあります。後から少し詳しく話そうと思いますが、大学で行う4年制のカリキュラムを専門学校は3年間にギュッと詰められています。

これだけ聞くとかなり大変な感じがしますよね。確かに大変なのですが、3年で行うことによってメリットデメリットがあります。のちほど説明します。

次の違いは大学出身と専門学校出身では基本給に差がでます。同じ仕事量をこなしても、大学出身の人よりも仕事が出来ても、給料は大学出身の方が高いです。

もう一つ、大学は自分の進路を選択することができます。専門学校は基本的には看護師の資格を取りたいという方が行くところです。助産師等の学校に卒業後に行くことは出来ますが、例えば養護教諭や保健師などの資格もほしいという方は大学に編入しないといけません。なので、選択を広めたい方は最初から大学に入っていた方がオススメです。

はっきりいって、専門学校と大学では大学のほうが学力が高く、入るのは難しいです。学費等も大学の方が高いので、きちんと目標を決めていくのがいいと思われます。

ざっと大きな違いを話してみましたが、ではどちらが自分に合っているのか。専門学校出身の私からみた両方のメリット・デメリットを挙げていこうと思います。参考程度にしてください。

 

専門学生からみた大学と専門学校のメリット・デメリット

上記でも少し説明したように、大学は4年で専門は3年ですが、だいたい同じことをして学んでいます。

では大学と専門でどのように違うのか。メリットとデメリットを専門学生だった私の視点から話していこうと思います。

 

看護専門学校と比べた大学のメリット

まずは、大学から。私は大学には行っていませんので、当時専門学生だった自分と、4年生大学の看護学部に行った友達と話していたことを元に比較しています。

ポイント

  • 夏休みなどの長期休暇が長く遊べる
  • 実習と実習の期間がわりと長い
  • 給料がいい
  • 他の資格も視野に入れることができる

看護専門学校よりも大学の方が長期休みは長く実習期間もゆとりがある

なんといっても、大学の長期休みは長いです。大学からしたら当たり前かもしれませんが、専門学生からしたらかなりうらやましがる人は多かったです。

かめやまさん
自分たちが実習しているときに休んで遊んでいるのうらやましかったです

夏休みとか2か月くらい休んでいる子もいますよね。専門学校は基本的には高校生の延長線上だと思った方が良いです。

高校生の時と同じくらいの長期休みと毎日のぎっしりつまった授業カリキュラム。

大学のように「今日は授業午前中だけ~」とかはありません。

大学は人生の夏休みという言葉はよく聞きますが、専門はむしろ逆で人生の監獄的な感じでした。

4年という時間があるので、それだけ実習と実習の期間もながくなります。ゆっくりと実習や勉強がしたい方は大学がおすすめかもしれませんね。

看護専門学校よりも大学の方が基本給は高い

専門学校と大学で違うのは給料がちがいます。基本給が違うのです。

そんなに大差はありませんが、同じ仕事量をしていても、大学の同期よりも仕事が出来ても給料のベースが違うので大学出の方が給料はいいです。

だいたい専門学生が基本給が19万ちょっとくらいに対して大学生は20万ちょっとくらいです。1万くらい違いますね。

大きくは変わりませんが。給料がいいに越したことはないですし、気になる方は大学出の方がいいです。

大学は看護師以外の資格も視野に入れることが出来る

大学は看護師資格以外にも養護教諭や保健師、助産師など色々な資格を取ることが出来ます。

もちろん、看護師資格を取るだけでも大変ですが、実習や勉強を重ねていくと自分のなりたい像が看護師だけではなかったという人は結構います。

私の周りにも専門学校から別の資格を取りたくて大学に編入した人も居ました。

実際、専門学校から大学に編入となると頭が良くないと難しいです。自分のなりたいもの、取りたい資格の視野を広げたいのであれば大学に行くべきだと思います。

 

看護専門学校と比べた大学のデメリット

次はデメリットです。あくまで看護専門学校の生徒からの視点なので参考程度にしてください。

ポイント

  • 資格を取得するのに4年間かかる
  • 働き始めたら、同じ年の専門学校の子が先輩
  • 学費が専門学校に比べたら高い

看護専門学校と比べて大学は免許取得に4年かかる

専門学校と比較した大学のデメリットは資格をとるのに4年かかるということですね。

ゆっくりと授業や実習を進めたいという方は大学の方がいいと思いますが、手っ取り早く看護師の資格のみをとりたいという方は専門学校がおすすめです。

3年という短いスパンで取れます。国家試験の内容は変わらないので、どちらで勉強しても取得できます。

社会人になったときに同じ年の子が先輩になっている

同じ年でも専門学校卒の人のほうが1年先輩になります。最初のうちの1年先輩という差はとても大きいです。同じ年でも後輩の子もいますし、年上でも後輩はいます。

看護師の世界は年功序列ではなく実力主義メインなので、年が上の方でもキャリアに沿った扱いを受けます。

年功とか気にならない方は大丈夫とは思いますが、年下に偉そうにされるのが嫌だという方は難しいかもしれません。

看護専門学校と比べて学費が高い

なんといっても大学ですから、学費は高いです。その点専門学校はかなり安かったです。

3年・4年という期間の差もありますが、普通に倍くらい違います。

だいたい専門学校は年間で100万前後で大学は200万前後くらいだったと思います。

かめやまさん
専門学校だと300万くらいで、大学だと800万前後ですね

奨学金制度を使用するなどしないと親に全額というのは、基本的お金持ちの家庭でないと無理です。

専門学校でも奨学金を借りるこはいます。私も借りていましたが、3分の1くらいは借りていましたよ。

 

大学と比べた看護専門学校のメリット

次は看護専門学校について話していきます。大学と比較したメリットなので、上記でも触れたことを少し詳しく話しています。

ポイント

  • 学費が安い
  • 臨床を意識した実習(即戦力となる人材を育てる)
  • 早く資格を取得できる
  • 4年生大学の同じ年の子より先輩

看護専門学校の方が大学と比べて学費は安い

大学のデメリットの方でも説明しましたが、大学と比べて圧倒的に学費は安いです。

専門学校の中には、資格を取得してから指定の病院に何年間か看護師として働けば、学費が免除されるというケースもあります。

自分が行こうと考えている専門学校の学費がどれくらいかかるのか、奨学金の制度や免除制度などを調べていくと良いです。

多くの専門学校には学生寮があり、とても安いので詳しく説明してくれるオープンキャンパスや学校説明会などに参加してみるのもいいです。

私もオープンキャンパス等に参加して説明したことありますが、寮の安さや学費は気にしている子が多いので、オープンキャンパスで配布されるパンフレットに載っていることが多いです。

看護学校は現場で働くときに即戦力になるように育ててくれる

専門学校は実践力のある看護師に育成することを掲げていることが多いです。実際に大学と同じように実習はしますが、専門学校の場合厳しいという声はよく聞きます。

職場にでてすぐに働けるようにという理念みたいなものがあるので、それは大学よりも実習内容がより実践的なものなのかもしれません。

とはいっても、基本的には実習の厳しさは行く先の病院によって違いますので、実習の辛さを比較しても大学と専門という縛りでの違いは私はそんなに感じません。

かめやまさん
どっちにしても実習は厳しいし、辛いです。

大学でも専門でも実習は厳しいものなので、職場に出てなんとか出来るド根性精神は自然とついていきます。

看護学校は大学よりも1年早く看護師資格を取得できる

大学のデメリットの方でも合わせて説明しましたが、3年間というスピードで早めに国家資格を取得でき、働き始めたときに同じ年の子よりも1年先輩になります。

正直、高校の時に同じ学年で一緒に授業を受けていたとしても、看護師1年目と2年目では全く違います。あきらかに先輩になるので、感覚的には1つ上の学年という感じになります。

社会にでてしまえば、正直同い年とかまったく関係ないです。何年仕事をしていて、仕事ができるかどうかの世界なので、みんな能力で見ています。

早く看護師として働いて年数を重ねたい方は専門学校の方が向いているかもしれません。自分が結婚したい年数や子供を生みたい年も合わせて考えるといいかもしれません。

大学卒業して仕事を始めるとその時点で、もう22歳くらいになります。自分の人生設計で20前半に結婚したい、子供産みたいと考えている人は働き始めて2年とかで子供を生むことになると1人前とは言えない状態で現場を離れてしまうことになります。

私の周りにも1年目や2年目で妊娠・出産をされた方は結構いますが、看護師として戻るときが結構大変だという印象を受けます。

 

大学と比べた看護専門学校のデメリット

最後に看護専門学校のデメリットです。

3年制の専門学校のデメリット

  • 長期休みは高校生と同じかそれ以下
  • 大学よりも自由がないところが多い
  • 実習と実習の間の期間は短い
  • 国家試験の勉強時間も短い

看護専門学校は大学と比べて自由な時間は少ない

専門学校のデメリットはほとんど遊ぶ時間はありません。

ないことはないですが、私がゆっくり遊べたな~と思ったのは1年目くらいでした。それ以降は実習と授業、国家試験で3年目は遊べないですし、長期休みも短い。

大学と違って、午前のみというのもなく高校生の延長みたいな規則正しく授業があります。3年かという短い時間はあっという間に終わってしまいます。

看護専門学校は大学と比べて国家試験の勉強時間が短い

専門学校は2年目の中間くらいからずっと実習続きで、3年目の冬くらいまであります。なので実習しながら国家試験をするような形になります。

かめやまさん
実習だけでもかなり大変なので、そんなに国家試験の勉強にさく時間はありません。

なので、短期集中でみんな勉強していました。最後に追い込む形になります。私はもともと高校とかのテストでも短期集中型で、試験前にものすごく勉強するタイプだったので、看護専門学校の試験勉強の追い込み方はそんなに苦に感じませんでした。

もともと最後に追い込んで勉強するタイプにはいいと思います。

逆に大学は4年目になると実習はそんなにないので、国家試験に集中する時間があります。繰り返しますが、ゆっくり勉強や実習をしたいという方は大学向きかもしれません。

まとめ

専門学校に行くか、大学にいくかどちらにしても看護師の国家資格は取得することが出来るのですが、それ以外の選択もしたいかもしれないと思う方は大学の方がいいと思います。

色々なメリット・デメリットを紹介しましたが、これだけは最初に考えておかないと後で後悔するかもしれません。

高校生である今ならば、学力がなくて専門しか無理という方もまだ間に合います。頑張って勉強をして大学に入ることも可能なのです。

後悔しないように調べて考えて入学しましょう。

     

スポンサーリンク

-看護師
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.