看護師

【看護学生必見】元看護師が実践していた辛い実習を乗り越えるためのコツ

スポンサーリンク

看護学生で一番つらいこと、それは実習ですよね。。。

冷たい看護師さんに毎日の課題。実習期間が早く終わってほしいですよね。

  • 看護実習をうまく乗り越えるためのコツが知りたい
  • 看護実習って何でこんなにつらいんだろう。。。
  • 看護実習の時の課題は何を参考にすればいい?

今回は看護学生さんに、実習の時に辛いことはなんなのか、それはどのようにしたらいいのか元看護師が実際に実践していたことを書いていきます。

実習で悩んでいる看護学生さんに向けて書いたのでぜひ参考にしてください。

看護学生の実習の辛さは病院の看護師の怖さが主な原因

看護学生の時によく聞く話が、看護師さんが怖い!という話です。

これは正直、あたり外れがあります。優しい看護師さんに当たればそんなに怖くありませんが、怖い看護師さんに当たってしまえばその日は残念ながら我慢です。万が一、怖い人にあたってしまったときはこのようにしてください。

 

怖い看護師にあたったときの対処法

  • カルテを覗いているときを見計らって計画発表をする
  • 移動しているときはなるべく声をかけない
  • 断られたときは次の時間を聞いておく

 

だいたい怖いタイミングは最初の声かけですよね。

計画発表をしないといけないけど、雰囲気が恐すぎて声がかけられない!という経験ないですか??私はたくさんありました。

計画発表をしないと実習自体が始まらず、何もできないので困りますよね。

正直、学生が計画発表する時間を決めてほしいと何度思ったことか。。。

忙しいのは分かりますけど、計画発表してもいい時間を看護師の方から言って下さるとすごく助かりますよね。

かめやまさん
優しい看護師は逆に声かけしてくれる

 

私が現場で看護師をしていた時は、看護学生に対して専従看護師がいたので計画発表の時間で学生が迷うことはありませんでした。

 

かめやまさん
専従看護師がいてくれるところが一番いいよね

 

現場で働いていた時の感覚で、もし自分が学生を受け持ち、計画発表を聞く時間を考えると、カルテを見ている時間が一番ありがたいかもしれません。

かめやまさん
これは個人的な意見なので、人によるかもしれません。

カルテを見ているときは情報を収集しているときが多いので、急用な時ではない場合が多いです。逆に、何かしら看護師が動いてどこかへ向かっているときは患者さんに呼ばれたり、処置をしにいったりと何かしようとしている場合が多いので、一旦手を止めて計画発表を聞くことは難しいかもしれません。

 

あと、私が実習していた時に気を付けてたことは、「今は無理」と断られたら、「分かりました。」で別のところで待機ではなく、「いつ頃お伺いしたらいいでしょうか?」などと、次の時間を確認しておくことが大事です。

これをすることによって、必ず計画発表することが出来ました。断られたことでそのまま待機していたら、ずっと計画発表できなくなる場合があります。。。

 

なので、食い下がって次の約束を取り付けることによって、看護師も「15分後にきて」「私が声かけるから待ってて」などと流石に怖い人でも、学生のことを認識してくれていました。

 

看護学生の実習は毎日課題が多くて眠れないことが辛い

看護学生の時って課題がとても多いですよね。

2週間くらいしか実習はないのに、課題の量は2週間で終わる量ではないですし、書いて提出しても修正の量が多すぎてさらに時間はとられてしまいます。。。

関連図に情報整理、アセスメントに次の日の計画や振り返り。。。そして修正。。。

毎日毎日なんでこんなに多いし、終われないの!?って感じですよね。

 

かめやまさん
私は関連図が大嫌いでした。 書いても書いても終わらない。

 

とにかく多い課題を早く終わらせて、最低でも4.5時間は眠らないと次の日の実習に寝不足でいどむはめになります。

そうはならないために、とにかく効率よく眠気と戦いながら課題を終わらせていくことが大事です。

私が実習の時に役にたっていたと思ったのはこちらのことです。

ポイント

  • 関連図は関連図の本で必要な部分を抜粋する
  • 課題は早めに出して日にちに余裕を持たせる
  • 計画は前日のをベースに患者さんの個性を出す
  • 計画のベースは本を購入してベースをパクる
  • アセスメントは時間がかかるため早めに取り掛かる
  • 次の日が実習の日は眠気覚ましを飲んで一気に終わらせる

上記のことに気を付けて課題を終わらせると、スムーズに実習を終わらせることが出来ました。

一つずつ説明していきます。

 

関連図は関連図の本で必要な部分を抜粋する

関連図は、病態によって変わりますよね。なので、誰かのものを移すことは出来ません。

ですが、同じ病気だと大部分は似てくるものです。

なので、疾患や病態の関連図の例を本として持っておけばベースをコピーすることが出来ます。

関連図はかなり時間がかかりますので、一つ一つ調べていくとすごく時間がかかります。なので、ベースを同じにして細かいところで患者さんの特徴を出していけばそれっぽいものになります。

私が使用していた関連図の本はこんな感じのものです。





 

関連図の本は何冊か持っておくと、組み合わせることが出来るのでおすすめです。

受け持ち患者さんが何の病気かは実習が始まるまでわからないので、数多くするか、症状の関連図を持っておくと楽でした。

 

課題は早めに出して日にちに余裕を持たせる

課題の量も多く、修正もされるとなると早めに提出して修正してもらうことが重要になってきます。

実習の日にちは前もって決まっていますよね。なので、最初に予定を立てることができます。課題の量も毎回同じ感じなので、最初にスケジュール管理しておくととてもやりやすいです。

土日のタイミングもみて、早めに土日があるようでしたら、たくさん患者さんからのS情報も必要なので、しっかりコミュニケーションを取る必要がありますし、カルテから情報をとっておかないと土日にしようと思ってもなかなか課題がすすまなくなりますよね。

計画的に課題を進めることで、修正しても余裕が出来ますし、土日に一気に出来るところまで片づけてしまえば、2週目の実習の時は余裕で眠れます。

 

計画は前日の計画をベースに患者さんの個性を出す

毎日計画を立てて、発表するのは大変ですよね。毎日1から立てているととても大変になります。なので、前日のものをベースにして書いていきましょう!

次に書くときは患者さんの特徴を情報収集しているはずです。なので、特徴を交えて計画をたてて、計画発表するときに強調しましょう。

○○さんは○○なので、私は○○するようにする。

などと、具体的に自分がすることや気を付けることも書いていたらGOODです!

かめやまさん
働いている看護師は患者さんの特徴や、計画の具体性を求めています。

 

看護計画を書くときのコツ

書いたことに自分が責任もって動くことが出来るように根拠を求める癖をつけておけば、看護師さんに何を聞かれても答えることが出来ます。

 

計画のベースは本を購入してベースをパクる

計画は初日と何日かたった後では全然違うものになりますよね。

看護計画で、行動することが変わってくるので看護計画の立案内容{ベースそのもの}が変わります。

なので、最初のベースは何かをパクっていました。本などに、ベースはたくさんのっています。なので、看護計画の本を見て、必要なところのみパクりましょう!

ここで注意しないといけないのは、自分がわかるところのみにしましょう。それか、分からないところは何でそうなるのかを理解していないとパクったのがばれてしまいます。

 

看護計画の本をパクるときのコツ

看護計画のベースをパクるときはきちんと内容を理解しておこう👏

そうしないと、先生や看護師に聞かれたときに困るよ。

私が参考にしていた看護計画の本はこんな感じのもの。



 

看護計画は実習だけではなく、実際に看護師になってからも看護計画を立てます。なので、現場で働くときも使用することが出来ます。

 

アセスメントは時間がかかるため早めに取り掛かる

私にとって時間がかかる課題はアセスメントのもの看護過程でした。。。

ゴードンやヘンダーソンのものに従ってかく課題です。

多くの看護実習生が同じキモチではないでしょうか?何枚もある課題の用紙に、根拠を探し続けるアセスメントを数々しないといけない。

かめやまさん
ただ書くだけではなく調べることにもすごく時間がかかって嫌いでした(-_-;)

これは情報収集をたくさんした後でないと全部書くのは難しいですが、少しでも早めに終わらせておくことが大事です。

なので、私は土・日にたくさん書いていました。

特に最初のあたりとかすごく時間がかかりますよね。栄養とか基礎疾患の部分とか。

普段の時にこれを書き上げる時間は、日々の計画や振り返りのせいでほとんどないですよね。

なので、最初の土・日でやっておくと、患者さんの疾患や問題が出てきて、それから書く看護計画が立てやすくなります。

 

看護過程を書くときのコツ

時間がかかるアセスメントは時間のある最初の土日に進めよう!

それまでにしっかりと患者さんの情報を収集しておくのが大事。

アセスメントの本もありますが、私は関連図と一緒になっているものを使用していました。

関連図と看護過程は関連していきます。




 

 

次の日が実習の日は眠気覚ましを飲んで一気に終わらせる

毎日の課題が多くて、嫌になりますよね。

睡眠時間を削って課題をしないと終わりませんよね。私の周りでは徹夜で実習に行っている学生もいました。

かめやまさん
入眠をまったくせずにいくと流石に体調を崩してしまいます。

なので、私は最終でも2時までには課題を終わらせて眠るようにしていました。

私の眠気覚ましのお供はモンスターという飲料でした。毎日1本は飲んでいましたね。

これが結構体に効くんです、エネルギー満タンにして課題に挑んでいました。

他にも、コーヒーで眠気を冷ましている人や、レッドブルでエネルギー補給している人も居ました。

私はレッドブルは全然効果がなかったですが、友達には効果テキメンだったので人によって違うみたいです。

かめやまさん
色々試してみてください👏

ちなみにモンスターとレッドブルはこちらです。知らない方は参考にしてください。

モンスター


レッドブル


まとめ

実習中はすごく辛いですよね。私はもう二度と実習期間に戻りたくありません。

そんな中でも、少しコツをつかめば1週目が課題に追われて辛くても2週目は余裕を持って課題をすることが出来ます。

2週間くらいしかないので、先伸ばしは危険です⚠

頑張って早めに終わらせて、なるべく余裕のある実習にしましょう(^^)/

 

スポンサーリンク

-看護師
-, , ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.