看護師 看護師の仕事内容

看護師は腰痛で悩んでいる人が多い!新人看護師に伝えたい腰痛の防止策

スポンサーリンク

看護師の仕事は肉体労働です。なので腰痛持ちがとても多いです。

年を取ればある程度仕方ないですが、新人看護師でも腰痛で悩む人はいます。それだけ負担がかかりやすいお仕事なのです。

最初のころは良くても気を付けないとすぐに腰痛がひどくなるので、新人看護師さんにお伝えしたい。

  • 看護師になってから腰痛が気になるようになった
  • 看護師の仕事の時の使える腰痛防止策なにかないかな
  • 実際に腰痛持ちの人が使ってるもの教えてほしい

今回は何故看護師は腰痛になるのか、その原因と対策について話していきたいと思います。

新人看護師は腰痛になる1番の原因はセルフケア援助だった

看護師の仕事の中で、とくに腰痛の原因となるのがセルフケアの援助です。

セルフケアとは患者さんの日常生活の援助の事。

セルフケア援助の内容

  • 体位変換
  • 移乗
  • 入浴介助
  • 排泄援助
  • シーツ交換

主にこんな感じです。想像できると思いますが、かなり腰に負担がかかるものが多いです。

肉体労働の中でも腰を曲げながら行うため腰にかなり負担がかかるのです。

シーツ交換や排泄介助はそんなに負担にはなりませんが、特に腰に負担がかかっていたなと思ったのは体位変換・移乗・入浴介助です。

こちらの3つはかなり腰に負担がかかります。

特に動くことの難しい患者さんや、力を入れることが難しい患者さん、いわゆる寝たきり状態の患者さんの場合はかなり腰にきますよね。。。

 

かめやまさん
しっかりと力をいれないと移乗や体位変換は難しいです。特に移乗。。。

セルフケア援助の主な援助内容については別記事に書いていますのでご参照ください。

こちらもCHECK

看護師の仕事内容とは、どうやって仕事しているの?~セルフケア編~

看護師の仕事内容の今回はセルフケアのついて詳しく触れていこうと思います。 看護師として働いていたら必ずセルフケア援助は行います。 実習中にもセルフケアを援助させてもらうことは多いのですよね。 セルフケ ...

続きを見る

 

入浴介助などで、見守りの場合なら良いのですがリフトトロリーなどで患者さんを入浴介助する場合は看護師2~3名くらいで一人の患者さんを持ち上げないといけません。

これを何度も繰り返していると知らない間に腰に負担がかかり、腰が重たくなってきます。

ではどのようにしたら腰に負担をかけるのを抑える事が出来るのでしょうか??

 

新人看護師
腰が重くなっていくのは嫌ですね。。。どうやったら、腰に負担がかからなくなりますか?
完全に腰に負担がかからないようにするのは仕事上無理だけど、負担を軽くすることは出来るよ。
かめやまさん

 

看護師の腰痛防止のためにはボディメカ二クスがとても大事

ボディメカニクスという言葉を聞いたことがありませんか?私は学生の時に、先生から何度も聞いたことを覚えています。

 

かめやまさん
あれは確か、シーツ交換の技術試験の練習の時。。。

仕事しはじめてからボディメカニクスがとても大事だと実感しました。

ボディメカニクスを駆使することで腰への負担は軽減することが可能です。

 

言葉にすることは難しいですが、ボディメカニクスで私が気を付けてしていたことは足の幅を広げて支持基底面を広くしてどっしりと構えることと、腰を曲げるのではなく重心を低くすること

あとは、患者さんを自分にしっかりと近づけた状態で行うことを気を付けていました。

特に車いすへの移乗の時などに、患者さんが遠いとかなり力がいります。しっかりと患者さんと近づくことでそんなに力を入れなくても力でも移乗することが可能です。おさらいすると

私が気を付けていたボディメカニクス

  • 足の幅を広げて基底面を広くすること
  • 腰を曲げるのではなく重心を低くすること
  • 患者さんを自分にしっかりと近づけること

 

他にも患者さんの体位変換をするときに仰臥位から側臥位にします。そのまま横に向けようとすると患者さんも痛いですし、自分にもかなり負担がかかります。

そこで、患者さんの両膝を立てて向かせたい方向に倒すと簡単に向かせることができます。

このように少し工夫するだけで、自分の負担も患者さんへの負担も軽減することができるのがボディメカニクスです。

 

かめやまさん
体位変換後はしっかりと肩と腰を引きます。

文字だけでは分かりづらいですよね。ボディメカニクスのことは看護技術の本などに載っています。

 

 

看護師は身長が高いと腰痛持ちになりやすい

看護師の仕事はとても体に負担がかかることを前提として話しますと、高身長だともっと腰に負担がかかる可能性があります。

身長が高いと看護師2名などで患者さんを移乗するときも負担が多いですし、何より低床ベッドの患者さんがいる場合はとてもきついですね。

 

かめやまさん
私も平均よりは身長が高いほうだったので腰への負担がすごかったです。

ベッドの高さを変えればいい話ですが、中には高さを変えることが出来ない場合もあります。そんな時はあまりベッドが低いとどうしても腰を曲げる角度が大きいので負担は大きいです。

ボディメカニクスはもちろん気をつけますが、私はコルセットも使用していました。

看護師は腰痛防止のためにコルセットを使用している人が多い

私が働いているときに感じたのは、ほとんどの人が腰痛を持っていることと、腰痛がある方はコルセットをしている人が多かったです。

介護度が高いところほどに肉体労働で腰に負担がかかると思います。

かめやまさん
私もコルセットをしていました。コルセットをすることで腰を支えてくれるので結構楽に。

コルセットをすることで腰ががっちりホールドされて負担は軽くなります。キモチの問題もあったかもですが。

正直その辺に売っているコルセットでもいいと思うのですが、あまり売っているの田舎だからか見ないのでこんな感じのものという紹介しておきます。




 

コルセットをするとどうしても暑くなり、夏とか入浴介助の時に結構汗をかきました。

ある意味、腰が痩せれそうでいいのですが、個人的には薄めのやつ通気性の良いものをおすすめします。

看護師は疲労回復のために整体やマッサージに行く人が多い

他にも、看護師は普段の疲労回復のためにマッサージや整体に行くことをよく聞きます。

普段から肉体労働+夜勤もあるため気づかない間に体に負担はかかっています。

 

かめやまさん
私は看護師を辞めてから体が軽くなりました。

実際に私も友人達と一緒にマッサージや整体で体を癒すことはしていました。

体の凝りをとってもらうのも大事ですが、私にとっては普段のストレスを一瞬でもわすれさせてくれるようなリラクゼーションが必要だったのかなと思います。

看護師時代は正直給料は良かったので、お金はあっても時間が少なく家にいても仕事のことを考えることが多く感じました。前日にやらかしていないか気になったり。。。

そういう方は結構多いのではないでしょうか??

なので、少ない休みの時間でどれだけ自分を癒せるかが大事です。

限られた時間の中で仕事の事を考えるよりも忘れてリラックスできるような時間を持ちましょう。

 

まとめ

腰痛は辛いですよね。仕事している限り良くなることはなかったです。

なので、少しでも軽減出来るように試してみてください。

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.