看護師 看護師の仕事内容

【新人看護師必見】病棟で新人が起こしやすいインシデント事例と対策

スポンサーリンク

新人看護師の時にインシデントを起こしてしまうと萎えますよね。

しかも、一回起こすと何回か続けてインシデントを起こす。これよくあるんです。

インシデントを起こすのは仕方ありません、誰にでもあります。問題なのは同じことを繰り返してしまうことです。なのでしっかりと振り返りをすることや他のインシデントを自分のことだと捉えることが大事です。

  • 最近インシデントすぐに起こしてしまう
  • 新人看護師の時に起こしやすいインシデントが知りたい
  • 新人看護師でこれ以上インシデント起こしたくない
  • 新人看護師のインシデントを起こさないようにする具体的な対策教えて

新人看護師によく起きやすいインシデントを知ることで、対策しましょう。

新人看護師の時のインシデントは当たり前、起こした後が大事

とある猫ちゃん
そもそもインシデントって何??
インシデントはいわゆる看護現場で起こったミスです
かめやまさん

インシデントとは医療現場で起こったミスで、結果的に患者さんへの悪影響を及ぼさなかったもののことをいいます。

ヒヤリ・ハットとも言われ、まさにヒヤリとすることです。インシデントは正直誰でも起こすことの可能性があることです。

 

新人看護師時代にインシデントを起こしてしまって、もうダメだ。自分は出来ない人間なんだ。。。と思わないでください。

私も実際に新人の時にインシデントを起こすとかなり心にダメージがきて自分全然ダメなやつだ。。。と思いましたが、誰にでもあることです!数年立てばそんなこともあったな~と振り返って自分の中の良い教訓になります。

 

言い方はよくないですが、インシデントを起こすことによって次に同じことをしないように気を付けて業務をすることが出来ます。

かめやまさん
そのためにインシデントレポートがある。

なので、落ち込んでも開き直り、インシデントを起こした後の振り返りの行動こそが大事。

では実際に新人看護師の時に起こしやすいインシデントって何なのか?新人看護師が起こしやすいインシデントを挙げてみました。

一つずつ後で解説していきます。

新人看護師の管理によるものでやばいインシデント

看護師の管理によるインシデントは薬関係や医療機器が多いと思います。

患者さんではなく看護師が管理しているため、わすれたら完全にインシデントです。

忙しくて忘れてしまったり、慌ててしまうことで起きやすいですよね。

 

かめやまさん
私は結構多くやっちゃってました。

看護師が管理している中で起こるインシデントはこんな感じです。

看護師が管理していて起きやすいインシデント

  • 与薬に関するミス
  • 経管栄養剤の閉塞
  • 呼吸器の回路外れまたは気管カニューレの抜去

一つずつどんなインシデントで、何が多いのか。また、どのように気を付けていけばいいのか解説していきます。

与薬に関するミス

患者さんの与薬ミスは言葉の通り、患者さんに投与するはずの薬がきちんと投与されていなかったり、患者さんを間違えてしまうことなどが多いです。

投薬忘れに多いと感じるのは、本来与薬するはずだった薬がなくなっており、気づかずに何日か放置してしまっていたり、何錠もあって一つだけ与薬せずに薬ケースの中に中身が入っていたりと確認ミスがほとんどです。

 

かめやまさん
与薬したと思っていたのに、実は一個いっていたかったとか。 まさか!とは自分でも思うけどなぜか起こるんだよね。。。

 

基本的にはほとんどが確認ミスによるものです。

だいたい与薬をするときは、点滴などはダブルチェックすることや、患者さんへ渡して飲んでもらうときには薬の空を確認してカルテと合わせてチェックしたり、確認事項がとても大切です。

薬を看護師が整理するときも慎重にしないといけないですが、基本的には投与する人が悪くなります。自分が受け持ちの時に今日の患者さんには何を与薬しないといけないというのは確認しておくことで未然に防ぐことが出来ました。

かめやまさん
正直夜勤中で忙しくて頭回ってなかったら、やばいよね。。。

そのためにも最初に確認していたら少しはミスを減らせるよ。

経管栄養剤の閉塞

経管栄養剤の閉塞はマーゲン(経管栄養チューブ)が何らかの理由で詰まってしまうことです。これもインシデントになります。

速攻インシデントレポートです。。。

この場合で多いのは経管栄養からの薬による詰まりです。また薬。。。

経管栄養から与薬する場合は一旦、白湯なので溶かしてから与薬すると思うのですが、薬が溶かし切れていないと詰まりやすくなります。

 

かめやまさん
薬は溶かしずらいものもあるから要注意です。

呼吸器回路の回路外れまたは気管カニューレの抜去

呼吸器の回路が外れていて、気づくことができなかったり、気管カニューレが抜去している。このインシデントが命に関わる管理なのでやってしまったらメンタルにきますよね。

呼吸器は患者さんの命に直結しているものなので、知識をしっかりと身につけて観察項目や注意することを理解しないと危ないです。

 

かめやまさん
呼吸器系の病棟にいたのでたくさん本を購入して結構勉強しました。。。

呼吸器系の扱いは正直自分で調べないと詳しいことは教えてもらえません。基本的に社会人は必要なことはすべて教えてもらえるわけではなく、自分で調べてください。というスタイルなので、個別に勉強する必要があります。まるで、実習。




 

患者さん側で起こる面倒くさいインシデント

次は不可抗力に近いカタチで起きてしまうインシデントです。

患者さん側で起きてしまうインシデント

  • 患者さんの転倒・転落
  • 患者さんの点滴等の自己抜去

 

これは正直、運でもあるかも。。。

かめやまさん
新人看護師の時の方が仕事が増えるからショックでした(;'∀')

だんだん慣れてくるとまたか~しょうがないな~となってくるけど、新人看護師の頃に点滴の自己抜去とかされたら正直最悪ですよね。

例えば以下のものです。

患者さんの転倒・転落

これは患者さんのところに訪室したら、転んでた!とか、ベットから落下していた!とかですね。

もちろん、ベッド柵を上げ忘れていたり(動くことが困難な)、自分の注意不足でベッドから落下させてしまうと看護師側が100%悪いですが、注意していても言い方は悪いですが勝手に転んでしまうこともあります。

そういう場合もインシデントになるのです。。。

看護師側に出来ることは、こっちが注意して訪室する回数を増やすことや転びやすそうな患者さんが移動するときにナースコールを押してもらうように声かけすることや、ベッド周辺の環境を整えて転ばないように注意することですかね。

それでも、転んでしまうときは転んでしまいます。おさらいすると

患者さんの転倒転落を防ぐために考えること

  • 訪室する回数を増やして注意しておく
  • 移動時にナースコールをしてもらうように呼びかけ
  • 転ばないようにベッド周辺を整える

こんな感じです。他にも以下のことがあります。

患者さんの点滴等の自己抜去

これも看護師からしたら正直困ってしまいますよね。よくある行動です。

点滴の抜針していたら、もう一度ルートを確保しないといけないですから。。。

点滴苦手な人からしたらかなりショックな出来事です。

自己抜去を防止するためには、抜去しそうな人だったら、あらかじめ固定することや抑制などを考える。

これは病院によっては規定があるかもしれませんので、先輩とよく確認してから抑制はおこなってください。医師の指示がなければできません。

簡単に出来ることとしたら、抜けにくくするようにテープなどでしっかり固定することです。

 

かめやまさん
点滴のルート確保とても苦手分野でした。

点滴のルート確保が苦手な方は、看護技術の本などに詳しく書いてあります。


まとめ

まだまだインシデントの事例はたくさんありますが、とりあえず私が現場にいて多かったなと思ったものを書いてみました。

インシデントというものは誰にでも起こるものなので、インシデントレポートをみて学ぶことができます。

インシデントを起こしたくない!と思う方はしっかりと他の人のインシデントレポートやたくさんの事例をたくさん見て疑似体験をすることで自分の時に気を付けることができます!

機会があればまた書いていこうと思いますので、参考にしてください☺

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-, ,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.