看護師 看護師の仕事内容

新人看護師の時の電話対応の仕方がいまいちわからない。正しい方法は?

スポンサーリンク

新人看護師の時の悩みとして電話対応の仕方などぶつかりますよね。

誰も教えてくれないけど、電話とった方がいいよねと不安に思ったことはないですか?

結論から言うと積極的に電話はとったほうがいいです。

  • 病棟にかかってくる電話ってとったほうがいい?
  • 電話対応が不安だから電話取りたくない
  • 電話取った後がどうしたらいいのかわからない

新人看護師の時の電話対応の仕方はとても簡単です。

積極的に電話をとってみよう。

新人看護師は積極的に電話対応したほうがいい

結論からいうと、病棟にかかってくる電話は積極的に受話器をとりましょう。

何故なら、電話を取ることによって普段どのような内容の電話がかかってくるかの傾向が分かるからです。

毎日同じ内容の電話とは言えませんが、大体の傾向が分かれば対処する方法がわかるようになってきます。

電話の相手はDrかもしれないし、患者さんの家族や多職種の方かもしれません。

いろんな人から電話はかかってくるでしょう。

恐れる必要はないです。

後からも説明しますが、内容が分からなければ分かる人に代わればいいのです。

                                                                                

病棟の電話にかかってくる主な内容とは

どういった内容の電話がかかってくるのでしょうか。

初めての病棟勤務の方は参考にしてください。

一概には言えませんが、私が働いていた時はこんな感じでした。

ポイント

  • 医者
  • 他病棟の看護師
  • 患者さんの家族
  • リハビリ(理学療法士など)
  • 薬局の方(薬剤師)
  • その他の多職種

このあたりが多いと思います。

内容としてはだいたいは患者さんのことについてです。

どの看護師も自分が担当している患者さんのことしか把握していないですよね。

なので、分かる人にすぐに電話を渡すというカタチが良いと思います。

近くに電話の内容が分かる人がいない場合はすぐに誰にかわったらいいのか分からない場合は次のように対処してください。

 

電話対応の内容で分からないときに大事な3つのこと

  • 電話内容が自分では分からない。
  • 誰かに代わりたいけどその辺に代われる人がいない
  • 今忙しくて電話の相手探してる暇ない

上記のような場合は、とりあえず後で掛けなおすように言ってください。

電話内容が緊急の時やDrの時はなるべく電話を優先しましょう。

 

かめやまさん
優しいDrだったらいいけど、基本的にはDrに対しては早めに対応した方がいいです。

とりあえず電話をとることが大事ですが、基本的に新人看護師のときに自分で対応することは困難でしょう。

そういう時には後で先輩に確認するなりして折り返すことをおすすめします。そういう場合にやっておかないといけない大事なことはこちら。

ポイント

かかってきた相手の名前を確認

折り返すための電話番号を確認

電話の内容を確認

当たり前のようですが、実は電話番号確認し忘れたとか。

意外と多いです。

その時に内容が分からないことは別に恥じることはないので、きちんと後で対応することができるようにメモっておきましょう。

電話に出たときの対応の例

電話取ったときに、最初になんて言った方がいいのかなと思うことないですか?

反射的にとってしまってもいうことが分からないと困りますよね。

自分が病棟にいたときに実際に対応していた最初の入りの例はこちらです。

新人看護師
(ガチャッ)はい。〇〇病棟です。
あ、〇〇患者さんの○○のころが知りたいんですけど。
とある猫ちゃん
新人看護師
○○患者さんの○○のことですね。確認しますのでお待ちください。

<とりあえず、受話器おいて近くに知っている人いるか見渡す。(緊急的な内容なら探しに行く)>

新人看護師
すみません。ただいま担当の方が手が離せませんので、折り返し電話させていただいてもいいですか?
分かりました。
とある猫ちゃん
新人看護師
お名前とお電話番号を確認させていただいてもいいですか?
○○です。電話番号は○○です。
とある猫ちゃん
新人看護師
ありがとうございます。後ほどお電話させていただきますね。失礼します。

こんな感じです。

伝え方は丁寧であれば何でもいいですが、とりあえず上記に示した3つのこと

相手の名前電話番号電話の内容さえ確認できていればOKです。

最悪、内容は把握できなくても担当のものに話せばわかる範囲で確認してください。

まとめ

電話対応は慣れです。

最初は緊張しても慣れてしまえば全く怖いものではありません。

たくさん電話をとってなれちゃいましょう。

 

スポンサーリンク

-看護師, 看護師の仕事内容
-,

Copyright© 元看護師の気まま日記 , 2021 All Rights Reserved.